MTV MUSIC BLOG
Music Blog Music and More...

Entry : << GIOVANCA ライブの模様をお届け | main | 『MTV UNPLUGGED / KREVA』 DVDリリース決定 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


DJ KRUSH他が出演、日本とアフリカのAIDS問題を提議するイベントが開催!
 
表現を通じてアフリカ大陸における様々な問題を提起すると共に貧困層の子供たちの救済及び自立支援を主目的としたプロジェクト『African JAG Project』が、12月1日の“世界エイズ・デー”を前に、今尚HIV/AIDSが増え続ける日本の若者たちに対してHIV/AIDSの撲滅を呼びかけると共に アフリカ大陸におけるHIV/AIDSの現実を知ってもらうべくスペシャル・イベントを恵比寿リキッド・ルームにて開催。
イベントにはAfrican JAGの主旨に賛同頂いた様々なジャンルのアーティストやクリエイターが参加するとのことで要注目です。

African JAG presents “世界のストリートが手を繋いだら”
開催日 = 2008年11月22日 (土)
OPEN/START = 19:00〜
場所 = 恵比寿リキッドルーム
料金 = 前売り:¥4,000  ( 消費税込み/ 1ドリンク付き )
     当日 :¥4,500  ( 消費税込み/ 1ドリンク付き )
     
出演 = DJ KRUSH … http://www.sus81.jp/djkrush/
         天平… http://www.tempei.com
         熊谷和徳… http://www.kazukumagai.net      / 他
         
主催 = African JAG Project http://www.africanjag.org
企画・制作 = 有限会社エス・ユー・エス コーポレーション
制作協力 = リキッドルーム/ 株式会社サンリス/ 株式会社SMAプレイヤーズ/ 他       


DJ KRUSH  DJ /サウンドクリエイター

選曲、ミキシングに於いて抜群のセンスを持ち、プロダクションに於ける才能が海外でも高く評価されている。90年代初頭より生楽器とのライヴを精力的に行い、世界で初めてターンテーブルを楽器として操るアーティストとして賞賛を浴びる。海外では「ターンテーブルの魔術師」の異名を取り、そのサウンドは当時「トリップ・ホップ」と呼ばれ、インストゥルメンタル・ヒップホップというジャンルをも確立させた。
これまでに8枚のアルバムをリリース。生楽器をフィーチャーした1stアルバム『KRUSH』は各国で話題となり、1994年末にUKリリースされた2ndアルバム『Strictly Turntablized』はUKのインディ・チャートを総なめにした。6thアルバム『漸』ではアメリカのAFIMアワードにおいて<ベスト・エレクトロニカ・アルバム2002>の最優秀賞を受賞。更に8thアルバム『寂』は、CMJ (全米カレッジ・ラジオ) のRPMチャートで3週連続1位を獲得。
ライヴにおいては、英・グラストンベリーを始め国内外のフェスティバルからオファーが絶えず、これまでに世界38カ国、189都市、延べ150万人以上を動員。現在も毎年30箇所以上のワールドツアーが組まれ、各地でソールドアウト記録を更新している。


熊谷和徳  タップ・ダンサー

1977年仙台市生まれ。19歳で渡米し「Noise&Funk」の出演者養成学校へ入学。
TAP界の伝説グレゴリー・ハインズに絶賛され、同ミュージカルへの出演権を得るもビザの関係で実現が不可能となる。
その後NYの地下鉄やストリート、ライブハウスの殿堂ニッティングファクトリーなどで独自の活動を続け、04年帰国、初単独公演を大成功におさめる。NYとTOKYOを活動の二大拠点とし、日本では日野皓正・coba・上原ひろみ・クリヤマコト・森山開次・押尾コータロー・金森穣・ハナレグミ・古澤巌・稲本響とのセッションで革新的表現を提示。ニューヨークタップフェスやクラブセッションなど伝統あるNYシーンにおいてもその実力でニューヨークタイムスなどの話題をさらう。
07年9月には東京国際フォーラムCに1500名を集め「タップソロ」公演を開催。TAPダンサーの単独公演としては異例の動員を記録する。その後TAPのルーツであるアフリカにも渡り、独自のリズムタップは唯一無比なアートとしてさらに進化している。


天平  コンポーザー/ピアニスト

本名:中村天平。1980年7月19日生まれ、神戸出身、ニューヨーク在住。
大阪芸術大学芸術学部・演奏学科「ピアノ専攻」首席卒業。
5才より音楽教育を受け始めるが、中学から高校までは完全にピアノを離れ、肉体労働とロックに明け暮れる日々を過ごす。高校を半年で中退した後に大阪に移り、解体屋として働きながら過ごす。その後、暗中模索の時期を経て、音楽専門学校から大阪芸術大学へと進学。本格的にクラシックやジャズを学ぶ。
卒業後は「コンポーザーピアニスト 天平」として本格的に活動を開始。ソフトなバラードから荒々しい楽曲など幅の広さを持ち、従来のピアノ楽曲の枠に収まらない独自の音楽を生み出している。2008年6月にEMIミュージック・ジャパンよりデビュー・アルバム「TEMPEIZM」をリリース。TEMPEIZMコンサートツアー2008も大好評のうちに終了。12月に、三重(※ワンコインコンサート)、大阪、東京での追加公演も決定。現在はニューヨークと東京の二大都市を拠点に作曲、演奏活動を行っている。また、音楽による教育支援活動の一環として小学校での演奏会といったボランティア活動も行っている、今一番注目の若手コンポーザー・ピアニスト。

スポンサーサイト

この記事のTrackback

トラックバックのURL

http://mtvjmusic.jugem.jp/trackback/361


AD
Writer's Profile
Entries
Categories
Archives
Mobile
qrcode
Music Blog
Feeds

powered by ブログ JUGEM