MTV MUSIC BLOG
Music Blog Music and More...

Entry : << MTV LIVE 〜VMAJ PRE SHOW in Osaka〜 出演アーティスト追加発表 | main | パンクの祭典 PUNKSPRING 09ライブレポートをお届け (1/3) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


とにかく破天荒! Flogging Mollyの狂乱ライブをレポート

FLOGGING MOLLY
2009.04.15 @LIQUIDROOM
(photo: MTV Japan)

リキッドルームへフロッギング・モリーのライブを見に行ってきました!
当日のライブフォトレポートをお届けします。
(上の写真はカメラに気づいたDave Kingがお茶目なしぐさを見せてくれた1枚)


渋谷AXでのLORDI取材を終え、ちょうど彼らの出番前にリキッドルームに到着。
舞台袖に入るとスタンバイするオーディエンスの熱気で思わず汗が噴き出てきました。
共演のCIVET、そしてSTREET DOGSの演奏が相当熱かった模様。


古くはスティービー・ワンダーの「Upt-Tight」、新しいところではグラスヴェガスの「Go Square Go!」といったBGMがおさまり、入場SEとしてラモーンズの「電撃バップ」がかかると、オーディエンスからは「HEY HO LET'S GO」の掛け声が沸き起こる。そしてビールを片手にメンバー登場


バンジョーやアコーディオン、バイオリンが唸りを挙げる高速アイリッシュトラッドパンクを挨拶代わりに矢継ぎ早に繰り出すと、外人率高めの会場はダイブの応酬 というか、それ以前にダイバーを受け止めるステージ前のセキュリティーも多すぎ!撮影しているといきなり激突されて吹き飛ばされてしまうカンペキな修羅場です。


しかしFlogging Mollyは高速チューン以外のミディアムナンバーも豊富に持ち合わせ、なによりハッピーなフィーリングの楽曲もあいまって、会場はどちからといえばピースフルな戦場状態。Daveはファンが着ていたパンクスプリングTシャツにつっこみを入れたり、外人オーディエンスを指差して「ガイジン!ガイジン!」と言ってみたりとやりたい放題だ


まさしく、彼らの存在を知らなくたって、一曲も分からなくたって、問答無用に楽しめてしまうはず。想像以上にアッパーで、予想以上にエンターテインメント。バンドというよりも楽団と言ってしまいたいこのノリは、パブ常連客が集まって結成したバンドというプロフィールそのもの。


おちゃらけたかと思うと、次の瞬間にはすさまじいグルーヴを叩き出す。そんな落ち着きの無さが2時間弱のライブを1時間程度にしか感じさせなかった。オーディエンスとの信頼関係ももはや鉄壁という印象だ。


アンコールではDave Kingがセルティック(中村俊輔も在籍するサッカーチーム)のユニフォームを着て登場。ラストはもちろん乾杯で締め!次はぜひとも野外ステージで見てみたい


SET LIST

MAN WITH NO COUNTRY

LIKES OF YOU AGAIN

REQUIEM FOR A DYING SONG

SELFISH MAN

WORST DAY

WON'T MAKE A FOOL

PADDY'S LAMENT

DRUNKEN LULLABIES

US OF LESSER GODS

SUN NEVER SHINES

FLOAT

TOBACCO ISLAND

KILBURN HIGH ROAD

REBELS

WORLD ALIVE

SALTY DOG

LIGHTNING STORM

WHATS LEFT OF THE FLAG

--------------------------------

DEVILS DANCE FLOOR

SEVEN DEADLY SINS


スポンサーサイト

この記事のTrackback

トラックバックのURL

http://mtvjmusic.jugem.jp/trackback/506


AD
Writer's Profile
Entries
Categories
Archives
Mobile
qrcode
Music Blog
Feeds

powered by ブログ JUGEM